ネコのピータン
背中にハート柄を持ち、いつも抱っこ要求の甘えん坊ネコ
10

十勝岳温泉~上富良野岳

 久し振りに上富良野岳に登ってきました!!


 P1080863.jpg 
   【2017.9.16撮影】



先週の感動が忘れられずもう一度大雪山の紅葉が

見たかったのですが、層雲峡温泉はどこも満室で予約が取れなかった。
 
それで美瑛の白金温泉に泊まることにしたのです
 

15日の早朝、十勝岳温泉登山口の駐車場に到着したのですが
 
車がたった1台駐車しているだけ 

DSC_1715k.jpg 

確かにガスガスで何も見えない状況でしたが
 
予報では晴れる予定だったので準備をして出発!!


晴れるどころか、安政火口の辺りから急に大雨となった  

この先が長いので引き返すことに。。。

 
車の中で🍙とおやつを食べながら雨が止むのを

待ちましたがどんどん強くなるばかり 

 
その時に気づいたのです

お財布を家に忘れてきたことを!! 

しかも、、、運転に必要なモノも 


長距離運転なのに困ったなぁ~ 
 
まぁ~お金は友人に借りることでなんとか
 
なったのですが、その時友人も気づいてしまったのです!! 
 
友人も不携帯 私の家まで車で来てます 

まぁ、お金さえあればホテルの支払いもできるしね。 
 
15:00のチェックインまで時間がたっぷりあります 

 
DSC_1716.jpg 

まずは、まだ見たことが無かった望岳台のシェルター見学です
 
本当にきれいな建物でびっくりしました 

床一面に大雪山系の地図があるのです!! 
 
この地図が楽しくて2時間ほど滞在 
 
DSC_1718.jpg 
 
なんと、美瑛のジャージー牛のソフトクリームまで
 
あるのです!! 美味しかった!! 
 
福島県から旅行に来ていたご夫婦としばらくお山のお話しをしたり
 
傘をさしながら望岳台周辺を散策したりであっと言う間に
 
チェックインの時間に 
 
 
今回のお宿は白金四季の森ホテルパークヒルズ 
 
4年前にも一度泊まったことがあるのですが
 
登山口から近いのでとても便利です。 
 
夕食をお腹いっぱい食べて10:00就寝  
 
 
DSC_1722_20170918231011d3c.jpg 
 
翌朝の朝食は6:30からと早めだったので助かります
 
たくさん食べたので下山するまでお腹すきませんでした  
 

 
さて、8:30十勝岳温泉登山口からスタートです!!
 
 
P1080779.jpg  
 
ずっとガスガスでほとんど景色が見えなかったのですが 
 
山頂に到着したころには青空に変わり素晴らしい景色を 
 
見ることが出来ました 
 
P1080810.jpg 
上富良野岳山頂。  真ん中に十勝岳 







P1080804.jpg 









P1080846.jpg  

富良野岳もくっきり姿を現してくれました!! 
 
 


 
 
P1080854.jpg 

上富良野の街も見えます 
 




 
 
P1080822.jpg  
ちびピータンと十勝岳とカミホロカメットク山 
 





P1080818.jpg   
  

 

 

 

P1080796.jpg 
 
  
 




 
 
DSC_1745.jpg 
 
風も弱く暖かかったので1時間ほど山頂で過ごしました 
 
 
 
その時・・・ 
 
P1080826.jpg  
 
犬??? いやキツネくんが登場!! 

 


 
 
P1080827.jpg 

道路際で食べ物をねだりにくる子と違い毛並みがいいです
 




 
P1080832.jpg 

後ろ姿が可愛い(柴犬みたい) 

 





P1080830.jpg  
 
 警戒心が強く逃げて行ってしまいました 

 


 

P1080860.jpg 









P1080857.jpg 

右に十勝岳
   
 
 

 
 
P1080866.jpg 


  

 

  

P1080865.jpg 



 

 

 
P1080872.jpg 
 

 





P1080870.jpg 









P1080874.jpg
 
凌雲閣の裏から見える絶景ポイントの紅葉は

まだ少し先のようです




車で上富良野の街へ下りていく途中で後ろに見えた十勝連峰の姿が

あまりにも綺麗だったので日の出公園に寄ってみました


P1080877.jpg 
 


 





DSC_1758.jpg  

帰りに上富良野駅前の精肉店でいつものように

お肉を購入




DSC_1760.jpg  

このころやっとお腹が空いてきた

こちらも定番の豆と餡入りのふらの餅とフルーツオムレット








紅葉の大雪山!姿見~裾合平~中岳温泉編
 
1日目はお鉢巡りの途中から暴風雨と雪にみまわれ

ヘトヘトに疲れてしまい翌日のことなど考える余裕すら無かった
 

温泉や夕食会場へ移動するにも膝がガクガクし
 
「イタタ、イタタ・・・」と声をあげるありさま 

 
それでも美しい紅葉を楽しむことができたので 
 
満足しつつ9時に就寝 
 

翌朝は6時に目が覚め、登山情報サイトYAMAPを見た途端
 
また山へ行きたくなってきた~!!
 
 
ぐっすり眠っている友人を起こしYAMAPの写真を見せたところ
 
私以上に乗り気で、それからの友人の支度の早さに驚いた 

 
大急ぎで朝食を摂り朝風呂に入れなかったのはちょっと残念だけど
 
9:00に宿を出発 1時間半かけ旭岳ロープウェイまで移動し
 

10:45姿見駅から出発です!!
 
  
  

P1080646.jpg  
当麻岳・比布岳方面 【2017.9.11撮影】
 

写真は暗いのですがこちらも赤が鮮やかで素晴らしい紅葉でした!! 




P1080644.jpg 
 
風も弱くのんびりと景色を楽しむ事ができます 





 

P1080651.jpg 

真っ赤!!




 

DSC_1678.jpg  
赤く色づいたチングルマと右が旭岳。

 




1505202200004.jpg 
 
  


 

 
P1080690.jpg 
左は北鎮岳。






P1080667.jpg  







P1080750.jpg  
 旭岳

 





P1080705.jpg 
紅葉前のチングルマの綿毛も可愛い!クラゲみたいです
 




P1080698.jpg 





中岳温泉に到着!

1505202196189.jpg 
足だけ浸かりながらお食事タイム

 
温まったところで下山開始です

 
復路もやっぱりチングルマのお花畑では
 
足が止まってしまう

 
ずっとこの場所に留まっていたかった
 
P1080702.jpg 
 
   




 

P1080696_2017091316433991d.jpg 

数は少ないですがミヤマリンドウがまだ咲いていました 





P1080684.jpg 

 







P1080756.jpg 
分岐。 もう少し元気があれば沼の平方面まで行きたかったな~ 

 
 
 



P1080764.jpg 

出発時には完全に雲に覆われていた旭岳も

素晴らしい姿を見せてくれました


姿見駅に着いたのは午後4時

家に帰るのが面倒だけど帰らなくてはね


P1080767.jpg 

裾合平で何人もの道外の方とお会いしましたが 
 
みなさん笑顔なんです 

そして口にする言葉が同じでした
 
「大雪山の紅葉は素晴らしい!! そして規模が半端なく大きい!!」とね。
 

素晴らしい景色を見ると話も弾み

一緒に感動を分かち合いたくなります 





紅葉の大雪山!お鉢平一周編

予定を1週間早め大雪山へ行ってきました!!

 
コロコロと変わる山の天気予報に惑わされ
 
登山指数がAとなったので急遽出発を決めたのですが・・・。
 
 
気持ちが落ち着かず睡眠時間2時間、深夜2:30に土砂降りの雨の中

我が家を出発し友人宅へ向かいました 
 
今回は友人の運転担当、大雨の高速は大変だったと思います

6:00前に層雲峡に着いたのですが霧雨ではっきりしない天気、
 
晴れることを期待し黒岳へ出発です!!



P1080573.jpg
                【2017.9.10撮影】
   
 
 

P1080572.jpg

まねき岩の辺りも紅葉がすすんでます



 
P1080579.jpg
 
黒岳山頂に到着!! 
 
この場所に立ったのは4度目ですがスッキリと見渡せたのは
 
初めてです



DSC_1591.jpg 
 
真っ赤に紅葉したウラシマツツジが鮮やかでした




 
P1080583.jpg
 
 左に白雲岳




 
 
P1080585.jpg 
 
 右に北鎮岳
 

 
 
 
P1080592.jpg 


 
 

 
   
P1080595.jpg  
 
今日は雲の平方面からお鉢平一周です!!
 
北鎮方面へ行くのは初めてなのでワクワク気分





P1080601.jpg 
 
日曜日ということもありたくさんの登山客で行列ができていました
 

 

P1080609.jpg 
 
この稜線を一周できるのね
 
 


P1080602.jpg
 
旭岳方面から怪しい雲が吹き込んでくる 
 
北鎮岳には登らず先へ進みます。  
 
小雨が・・・
 
念のため北鎮分岐でレインウエアを着用

 
そして間もなく風が強まり雨まじりの雪に!!

 
 
 
DSC_1606.jpg 
 
あんなにたくさんの人が居たのに
 
後ろを振り返っても誰も来ない 

 
前方から時々来る人へ声をかけてみましたが、

みなさん旭岳から裾合平へ下りていく人ばかり。
 
私達は初めてのコースなのでとても不安でした

 
 
 
DSC_1607.jpg
 
間宮岳。
 
 
 
 
 
DSC_1609.jpg
 
ここで北海岳の標識が出てきたのでやっと安心しました。

 
 
 
P1080618.jpg
 
強風のためすごい勢いで雲が流れて行きます
 
ほんの数十秒だけお鉢の中の紅葉が見えたのですが
 
またすぐに視界不良。。。

 
 
 
P1080619.jpg 
  
雲の隙間から黒岳が見えてきました 
 

 

 
DSC_1612_201709130252346bc.jpg 
 
 北海岳では爆風の為お鉢に近づくとそのまま
 
吹き飛ばされそうでした 

カメラのレンズに水滴がついてシャッターが押せなくなった



DSC_1622.jpg
 
 ここからはスマホ撮影のみに
 
 
 

 
DSC_1641_20170912232725ece.jpg
  
石室に到着! 
 
体が冷えていて休憩するとさらに寒くなるので
 
立ち寄らずそのまま下山。 早く温泉に入りたい 

 
今回途中から悪天候だったためほとんど休憩できなかった
 
おにぎりも立ったまま口に突っ込んだ感じ 
 
 
無事下山。。。
 
 
今日のお宿は層雲峡観光ホテル
 
初めて泊まるお宿。 混浴の大露天風呂があるそうです 
 
※湯衣着用ですが 
 
疲れすぎて普通のお風呂にしか入れませんでしたが 
 
 
 
翌日へ続く

 



大雪山、銀泉台~赤岳~白雲岳
 今年初の大雪山!!

我が家から往復500キロ、今回初めて私の運転で行ってまいりました 


暗闇と80キロ以上のスピードで運転できない私、

大雪山方面の運転はいつも友人にお願いしています



 
空が明るくなる早朝3:45の出発です

割引のある4時までに高速に入ればOKだし

早朝なので車も少なくゆっくり走行しても意地悪されない
 

ノンストップで銀泉台に7:20到着!
 
7:45赤岳登山口からスタートです!!

 
P1080376.jpg 
【2017.7.24撮影】


猛暑続きだったのにまだこんなに雪があるのね

吹雪いてるように見えますが

気温が高く雪渓から湯気が出てるような感じでした

 
登りは問題なく進めるのですが下りは怖かった


P1080391.jpg 

そして、中心に見えるあの大雪渓で帰りに

ちょっとしたアクシデントがあったのです
 
 
青空ではないけれどほとんど風も無く安定したお天気でした
 

P1080378.jpg 
大好きなキバナシャクナゲ 

昨年とほぼ同時期に訪れているのですが

咲いてるお花の種類や数が大きく違うところがまた楽しい!!


チシマツガザクラ 
チシマツガザクラ。

写真にして見ると大きく見えるけど

実際は苔のように小さく肉眼で見えずらい

かなり広い範囲でたくさん咲いていました



 
ミヤマリンドウ 
ミヤマリンドウ。

 





ワタスゲ 
ワタスゲ。

 




 

エゾクザクラ 
エゾコザクラ。

可愛いわね~

 




P1080422.jpg  
チングルマ。

 




P1080462.jpg 
コマクサ。





 

P1080450.jpg 
赤岳に到着! 






 
P1080444.jpg 
赤岳から見る景色、大好きです
 
お花もたくさん咲いていました





 

P1080453.jpg 
初々しいイワブクロ。

 





チシマキンレイカ 
チシマキンレイカ。








ウスユキトウヒレン 
ユキバトウヒレン。







エゾミヤマツメクサ 
エゾミヤマツメクサ。

 





エゾイワツメクサ 
とっても可愛いエゾイワツメグサもかなりたくさん咲いていまた
  







エゾヒメクワガタ 
エゾヒメクワガタ


赤岳では休憩もそこそこに、ゼブラ模様の雪渓を見るため

初めての白雲岳を目指します!!

 


エゾツツジ 
エゾツツジ綺麗だわ~



 



クモマユキノシタ 
クモマユキノシタ。






P1080505.jpg 
イワギキョウ。

 




ヨツバシオガマ 
ヨツバシオガマと白雲岳。


白雲岳が・・・

何だか怪しい天気になってきた
 



P1080493.jpg 
エゾノツガザクラとチングルマ。


白雲岳って登るときは両手が必要なのね 

山頂に到着!!

 

P1080467.jpg 

何ですか~これは・・・

雪渓はどこにあるんですかぁーーー!!

全く何も見えない

 
見ないと帰れない 

お菓子を食べながら30分待機



1500992360181.jpg 
カメラを構え祈っているところです

 
その時です ほんの数秒だけゼブラ模様が現れてくれたのです!!


 

P1080482.jpg 
ほんと5秒くらい
 

この後また真っ白に雲に覆われもう2度と姿を現さなかった

 
13:00下山開始

そして問題の大雪渓での下山の時です

登りの時には先行者が数名いたのでその後をついて行きました

もちろん下ってくる人、登る人とも雪渓を避けるように

端の雪のないルートを通過していました。

下りの際も私達2名とご夫婦と男性1名、

私たちは雪渓を下る夫婦の後をついて行ったのですが

思ったよりも雪が硬くかかとを固定しようとしても

うまく刺さらずズルズルと滑ってしまう
 
靴のサイドを使って降りようとしてもうまくいかない
 
そうだ!登った時の雪のないルートへ移ろうと考えた時です

雪渓の一番下でおじさんが大声で怒鳴っています。

怒鳴ってる内容は、

正規の登山ルートは雪渓部分なので雪渓を降りなさい!
雪のない部分のルートを歩くな!
雪渓は危険、下調べもせずアイゼンも持たず
この場所に来るなどとんでもない
山に入るなら6本以上の爪のついたアイゼンを
持ってくるべきだ!4本爪のアイゼンはダメ!
10日前ももっと下の部分の雪渓でケガをして
ヘリで運ばれた人がいるんだ!


滑らないように必死で降りてる私達に向かって

怒鳴り続けているのです
 

大人になってあんなにガミガミと大声で

叱られたことありません
 

勝手に危険の伴う山に入ってるのですから

山でのケガは自己責任です

おじさんの言ってることはごもっともです。

 
17:00駐車場に到着。

この日最後の下山者となった訳で。 

おじさんは管理人室のカギを締め

私たちに「また来てね」と言い残し帰って行きました。

 

さ~て、銀泉台から層雲峡温泉まで約45分

本日は初めての宿【ホテル大雪】

温泉に浸かり食事はバイキング




DSC_1402_201707262247125d8.jpg 

2人とも疲れすぎて食欲があまり無かった。



翌日は高速でそのまま帰る予定だったのですが

急遽予定変更
 
折角なので色々寄り道して帰ることに



DSC_1408.jpg 
大雪森のガーデン

ここから見える景色が素晴らしい!!




P1080540.jpg 


大雪山が一望できるのです

中心の一番高く見えるのが愛別岳!!

 


1500992349774.jpg 
友人撮影。 

キレイなお花がたくさん咲いていて高山植物もあるのですが

山で小さな小さなお花ばかりを見ていると下界のお花が

あまりにも巨大で驚いてしまいます(笑)



DSC_1421.jpg  
東神楽ではソフトクリームとプラムのジェラート
 





DSC_1422.jpg 

富良野カンパーナ六花亭でいつもの

焼き立て豆あんこ餅~ 大好きです!!

お餅は友人1個で私は4個。



時間はかかっても高速道路より一般道の方が

運転しやすいのです

特に法定速度で走るトラックなどが前に

ついてくれると安心して運転できます




今回も楽しい登山旅行となりました




炎天下の樽前山
毎週藻岩山には登っているのですが

いまだに辛く毎回ボロボロになります

 
本日2年ぶりの樽前山へ行ってきました!!

土曜日ということもあり駐車場の混雑が予想されるので

早めに札幌を出発
 
6:20、7合目駐車場に到着した時には既に満車状態で

最後の1台に滑り込みセーフ
 
P1080354.jpg  
                      【2017.7.8撮影】
お花畑コースから出発!

初々しいタルマエソウに出会えました



P1080359.jpg  
 
西山に到着したものの 

大量の虫の攻撃にあいゆっくり休憩もできず
 
歩きながらおにぎりを食べました

 
P1080358.jpg 

支笏湖と風不死岳


 

P1080363.jpg  

イワキキョウにも会えた


 

P1080366.jpg 

白いコマクサって初めて見ました





P1080370.jpg 

東山にも大量の虫虫虫 滞在時間数秒。





P1080374.jpg 
 
とにかく直射日光と暑さが厳しい山歩きでした




DSC_1341_2017070820290228e.jpg 

帰り道、ひな野でランチバイキング



 
DSC_1342.jpg 
 
自由にトッピングできる美瑛のソフトクリームが
 
最高に美味しかった!!!


 
ピータンから一言
 
1498607109345.jpg 
     あついなか よく登るよにゃ~


 

1499388392416.jpg 

夕涼み中のピータン。。。







プロフィール

DSC02411 - コピー

ピータンまま

Author:ピータンまま
ピータン・ピータンままのプロフィール

名前; ピータン
2004.2.25生まれ♂
アメリカンショートヘア・シルバータビー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事

月別アーカイブ

※ 2008.5.11~2008.8.31までの旧ブログは、↓↓↓こちらです。http://blog.goo.ne.jp/pitanblog/ ・・⇑・・クリック

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天市場

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック