ネコのピータン
背中にハート柄を持ち、いつも抱っこ要求の甘えん坊ネコ
02

紅葉の大雪山・緑岳

 最高の景色でした!! 


P1070981.jpg  
                            【2016.9.27撮影】


ちょうど1週間前の赤岳~黒岳では霜柱が立つほど寒く

このまま冬に突入かと思いきや、この日は驚くほど暖かかった



数日前から山の天気予報とにらめっこ。

予報は悪く諦めかけていましたが、前日、回復!! 

もう行くしかないでしょ!!

睡眠時間3時間、深夜2:30に自宅を出て友人宅へ向かいます

今回は友人の車担当です。

層雲峡まで高速、登山口のある大雪高原温泉には6:45到着。

早朝にもかかわらずポカポカ陽気で寒くない!

最高の登山日和となりました

DSC_0288_2016092823394638c.jpg 

駐車場は7割ほど埋まっていましたが、ほとんどの方は

高原温泉沼めぐりの方へ。私たちは初めての緑岳を目指すことに



私も友人も緑岳は初めて!!

いきなり登りがキツかった


P1070973.jpg 

落葉樹の紅葉も始まってます


辛い急登が1時間続き、いきなり緑岳の全景が飛び込んできました!!

P1070976.jpg 

あそこまで行くのね まだまだ先だわ~

  

素晴らしい景色と紅葉を見ながらの登りなので

辛いけど苦にはなりません




DSC_0168_201609282339529cf.jpg 

第一花畑。





P1080043.jpg 
第二花畑。

初夏のお花の時期にも絶対に来るぞ!!





DSC_0171_20160928233951cf4.jpg 

雲も綺麗!!





P1070984.jpg 

緑岳が目の前に。 ここからまた急登が続きます





P1070994.jpg 

まだまだ紅葉は楽しめました




P1080001.jpg 

登りながら高原沼を見下ろす感じ。

この日、ちょうど高原沼の紅葉が見頃だったようです。



P1080004.jpg 

あまりにも景色が素晴らしく見とれてしまい

なかなか先へ進めない 

この時点で先を進む友人の姿が見えなくなってしまった


P1080009.jpg 

ウラシマツツジが真っ赤に染まり艶々と輝いていた




P1080013.jpg 

この辺りから両手を使い登りました




DSC_0235.jpg 

友人より20分遅れで山頂に到着!!




P1080024.jpg 

右に白雲岳、左端は旭岳。





P1080021.jpg 

空が真っ青で360度の絶景!!

おやつを食べながら1時間まったりと過ごしてしまった

下りたくな~い!! 名残惜し~い!! 

叫びながら下山開始。 

今回はこのまま、札幌まで帰らなくてはならない


1474980697415.jpg  

友人がこっそり撮ってくれた1枚


下山後はもちろん、秘湯、高原温泉に入って帰りました


最高の登山遠足でしたよ

往復の長距離運転してくれた友人に感謝です!!




秋の大雪山
 
秋の大雪山、赤岳~北海岳~黒岳のコースへ行ってきました


ちょうど2ヶ月前、登山中に無計画なコース変更をしたばかりに

ドタバタしてしまったこを反省し、今回は慎重に計画を立て実行です!!

深夜2時半の出発 高速道路を走り層雲峡に5時前に到着!!

私の車ですが、暗闇の運転が出来ない私に代わり友人が運転してくれました

遅番の仕事で寝不足なのにありがたいです。

無事に6時発の層雲峡~銀泉台行のバスにも余裕で乗れました


DSC_0026.jpg 
                    【2016.9.20撮影】

銀泉台の紅葉です

やっと色づき始めたばかりかな~って感じでしょうか。

お天気が良かったので、2年前に見た時よりはキレイでした


P1070918.jpg 

天気は良いのですがとにかく寒い

一瞬、エノキダケのように見えた霜柱!!

ちょっと触れるだけで弾けるように崩れるのが面白い。



DSC_0043_20160921235453392.jpg 
 
ウラシマツツジの紅葉がとても鮮やか





DSC_0045.jpg 

第三雪渓の紅葉も・・・。

友人は、10年に一度と言われるほど素晴らしい紅葉を昨年この場所から観ている。

今回はちょっと残念。




1474445660729.jpg 
 
赤岳に到着!  真ん中奥に旭岳も見ます

ほとんどの人たちはここから折り返し下山でした。

寂しく友人と2人きりで先に進みます 



P1070947.jpg 

青々とした苔が輝いてる~ 一瞬ナキウサギの鳴き声が聞こえた

まだ一度も見たことないけどね




P1070950.jpg 

チングルマの紅葉がとても綺麗でした
 




DSC_0072_2016092123544872d.jpg 

北海岳から見た白雲岳、今回も登らず 




P1070959.jpg 

北海岳から黒岳石室へ向かう下りの景色が一番好きです!!

右が凌雲岳、左の北鎮岳もまだ未踏です 来年のお楽しみ



DSC_0083_20160921235614cac.jpg 





DSC_0077.jpg 

左が凌雲岳。真ん中が桂月岳、右が黒岳。

ネコ好きの私と友人には黒岳が、猫の座ってる後ろ姿に見えるのです(耳もある)




P1070960.jpg 

この斜面の紅葉もイマイチですがとても満足。





DSC_0111_2016092123561689e.jpg 

黒岳石室付近の綿毛のチングルマの群落がとても綺麗でした






P1070963.jpg 

もうすぐ黒岳山頂、この景色も見納めだわ~ 名残惜しかった。。。




DSC_0126.jpg 

最後の記念撮影 

この後7合目までの下りが一番辛い

16:00黒岳ロープウェイ駐車場に到着。

とても満足な山行でした!!!!!

今回のお宿も層雲閣グランドホテル 夜8時前に就寝

10時間以上の爆睡でした





IMG_20160911_104224.jpg 
    黒岳を猫だなんて どうかしてるにゃ!





IMG_20160911_103823.jpg 
    いつでもボクのことを忘れないのは イイこころがけだにゃ。



姿見駅から当麻乗越
 
11日の山の日の翌日、深夜1時に起床し3時に家を出発

旭川まで高速を利用し旭岳温泉まで約3時間。

姿見駅までロープウェイで上がり7時スタート!!

P1070819.jpg 
                        【2016.8.12撮影】

おはよう!!旭岳様!!

真っ青な空へ噴煙が勢いよく上がってます



P1070821.jpg 

風も無く水面にくっきり旭岳が映ってます




IMG_20160812_071609.jpg 

前日の山の日は混雑したのでしょうね 今日はとても静かです。





P1070839.jpg 

今回は旭岳には登らず、裾合平方面へ向かいます。




P1070836.jpg 

一部でエゾノツガザクラやチングルマを観ることができましたが

ほとんど終わっていました。




P1070895.jpg 
ミヤマリンドウ

この紫の小さなお花があちこちに咲いています。





P1070824.jpg 
エゾオヤマリンドウ

このお花を見かけると秋が近いなと感じます。




P1070840.jpg 
エゾコザクラ





P1070843.jpg 

時々ある雪渓がちょっと怖い!!


先頭を歩いていた友人が「ん...ちょっと不安だわぁ~ 

私よりあなたの方が軽そうなので歩いてみて」と言われ

素直に2.3歩残雪の上を進んだところでズボッと片足が落ちた

周りの雪がどんどん崩れ、穴ぼこで転んでしまい泥だらけ~~~  

この時期、気を付けないとね。


P1070894.jpg 

ほとんどのチングルマは綿毛ちゃんに変身。

お花も可愛いけどこの姿も可愛い


今回のちょっとした難関

P1070852.jpg 
ピウケナイ沢。

雪解水で水量も多く、足をのせられる石もちょっと不安定

大きな岩の向こうが、幅があり飛び越えられそうにもない

この場所で30分ほどウロウロしながら悩む。

その間、出会ったのは1人。背の高い足の長いお兄さん。

大きなザックを背負っていたので多分愛山渓まで縦走するのでしょうね

その男性は躊躇しながらも長い足で飛び越えながら渡って行きました


結局、もう~靴に水が入っても仕方ない!!チャレンジ!!

何とか3人とも徒渉成功  行きはね。。。



IMG_20160812_103432.jpg

当麻乗越(トウマノッコシ)に到着したころには

旭岳に雲がかかってしまった



P1070871.jpg 

沼ノ平方面の景色も美しい!!





P1070868.jpg 

当麻岳を目指し30分ほど登ったのですが

周りが真っ白な雲に覆われてしまったので途中で引き返しました。


そのまま来た道を下山します。。。

あ~~~不安はピウケナイ沢徒渉

先ほどより水量が増えてるような・・・

でも渡るしかありません!! 覚悟を決めてザブザブ

無事渡れました!!

しかし、後に続いて渡った友人が足を乗せた岩から

滑り落ちて転んでしまったのです。

流されるほどの深さではないので膝上まで濡れてしまったのと靴が浸水

だが、友人は靴下をザックに入れていたのです!!

前回、バタバタ事件があったので靴下とは常に用意しているそうです。


P1070892.jpg 

風も無いのになびいて見えるチングルマ




P1070890.jpg 

浸水した友人は元気に先頭を歩いてます。旭岳は雲の中




P1070881.jpg 
ワタスゲ。

この辺りは湿地帯なので群落になっていました

無事下山し温泉宿へ移動 8時に就寝


翌日は十勝岳連峰を眺めながら、富良野カンパーナ六花亭にて

一年ぶりの白樺ジンギスカン

IMG_20160813_105954.jpg 

やっぱり美味しい!!



IMG_20160813_112709.jpg 

六花亭の喫茶室から。


今回も楽しい登山遠足となりました

そろそろ秋の紅葉登山の予定立てなくちゃ






楓沢~樽前山

 以前から新聞や色々な方のブログなどの情報で気になっていた

所ではありますが絶対に私たちだけでは行けない場所、楓沢。


今回は山のベテランさんのお誘いを受けご一緒させて頂きました


いきなり不明瞭な道ばかりで草木をかき分け進んでいきます。

スタートから戸惑ってしまい山のベテランさんについて行くのがやっと

私達には山での団体行動はやはり大変だと実感


P1070800.jpg  
                【2016.8.8撮影】

やっと苔の門が現れた!!


ヒンヤリとして湿気があります。



P1070794.jpg  

近づいてみると、苔が動物の毛並みのように見えた。




P1070798.jpg 

迷い込んでしまったらきっと出てこれないのかも~なんて不安な気持ちに。





P1070802.jpg 

岩や倒木をくぐったり登ったりする場所も。




P1070799.jpg

私と友人以外の山のベテランさん達は

何度もこの辺りを歩いてるようでなんの躊躇もなく進んでいきます




P1070813.jpg 

なんだか別世界!!




P1070815.jpg 





P1070809.jpg   

静まり返る空間。



この後また道なき道を進み樽前山の分岐に出ました

P1070817.jpg 

濃霧で風の強い悪天候の中、休憩


「今日、ピータンは居ないの?」と声をかけられ登場!


この後、樽前山の7合目駐車場まで下山。

到着した時、なんだかホッとしました


今回自分ではあまり写真を撮る余裕がなかったのですが

山のベテランさんにたくさん撮って頂いたので

ご紹介いたします



H原さん撮影

ほIMG_0056楓沢~932 




星IMG_0075楓沢~932 
手で引っ張り上げてもらわないと上がれない場所もあり





星IMG_0090楓沢~932 

友人と山へ行く時、カメラを持参しているのは私だけなので

こんな感じで自分を撮ってもらうことがありません

とても記念になります



そして、ブログをされてるtarumae-yamaさん撮影

たP8080050 

写真を撮ってる自分(笑)




たP8080054 






たP8080034 

とても思い出に残る写真です

みなさん、ありがとうございました。

もう少しトレーニングを積みますので、またご一緒してください


下山後は支笏湖の休暇村で温泉に入り

休憩室で楽しい反省会となりました





表大雪・赤岳~黒岳♪


この景色に会えるのは予定外!!!




IMG_20160722_125427.jpg
 
雪渓の北鎮岳とチングルマ                  【2016.7.22撮影】




 前日に急に決まった大雪山お花めぐり!!

層雲峡の宿も予約が取れたので慌てて藻岩山へトレーニングへ

先週の富良野岳では友人について行くのがやっとだったので

少しでも鍛えておかなくては


深夜2:30に家を出発! 層雲峡温泉郷まで高速で3時間、

そこから一般道で30分、銀泉台までは未舗装の道路を30分

片道250キロ、約4時間です 

夜8時まで仕事だった山友よ、運転お疲れさま!!


P1070609.jpg 
7:00ここからスタート!!            


途中かなり雪渓はありましたが

雲海が見えたり風も穏やかで順調にコマクサ平に到着。

P1070618.jpg  






P1070625.jpg 

コマクサ平らは本当にコマクサだらけだった





P1070629.jpg 

コマクサの株も大きい!!

あまりの感動でこの場所から離れられなくなった

今回はピストン、帰りもこの場所を通過するのでまた後でね


 
P1070634.jpg 

赤岳まで 雪渓登りが続きます 

所々で違うお花畑が現れるので楽しくて楽しくて疲れが吹っ飛びます!!


P1070638.jpg 

ここはイワウメのお花畑!!


しばらく進むと こんなにたくさんのミネズオウが!!

P1070645.jpg 
ミネズオウ。




そして私の大好きなキバナシャクナゲがわんさか!!

P1070652.jpg 
キバナシャクナゲ。




進む先々に次々と違うお花達の群落が登場するのです


P1070658.jpg 

ハクサンイチゲ。  先週、富良野岳でハクサンイチゲのお花畑に感動したばかり





P1070660.jpg 
エゾイワツメクサ。 大雪山の固有種らしい? 





P1070662.jpg 
エゾツツジ。


可愛いお花達に出会う度に足が止まるので

なかなか先に進めません!!


やっと赤岳山頂に到着です

P1070674.jpg

この岩の後ろの景色が最高でした!!





P1070684.jpg 

おおぉ~~~~~!!!

そんな声しか出なかった。


そして・・・ 

この場所で・・・

今日の運転手である友人が・・・ 

いきなり・・・  黒岳まで行こうと言い出したのです

黒岳ってことは層雲峡温泉郷に降りることになるのですが

車は銀泉台に置いてあるし、もちろん着替えなども車の中

私は渋ったのですが、2対1で負けた


今夜は温泉ホテルに宿泊なので下着以外はなんとかなるしね

層雲峡温泉から午前と午後の1日2便だけ銀線台までバスが出てる

翌早朝、そのバスで車を取りに行くことに話はまとまった。

予定を変更し白雲岳に登るのは止め、このまま黒岳に向かうことに。


P1070691.jpg 
キバナシオガマ。


登ってきた急な雪渓を下らなくてもいいとなると

気持ちも楽になったし、憧れだった銀線台~黒岳縦走も考えただけで

心が弾みます


P1070694.jpg 

白雲岳はまた今度ね。

この先は想像以上の素晴らしいお花畑と景色に出会えましたよ~



P1070699.jpg 
エゾノツガザクラとキバナシャクナゲ。





P1070710.jpg 
エゾコザクラ。



この後も雪渓歩きは続くのです。


P1070712.jpg 
中央のとんがり山は烏帽子岳?





P1070726.jpg 
クモマユキノシタ。

この子に会えるのも楽しみにしてました





P1070733.jpg 
エゾオヤマノエンドウ。






P1070735.jpg 
またまた、キバナシオガマ。







P1070746.jpg


北海岳から見えるお鉢平の景色が素晴らしすぎ~






P1070749.jpg 
一番高いのが旭岳







P1070757.jpg 
チングルマ。 北鎮岳の雪渓が美しい





P1070760.jpg 
チシマクモマグサ。






P1070765.jpg 
イワブクロもたくさん!!






P1070772.jpg 
石室に到着!

友人は次回石室に泊まりたいと訴えていた(笑)





P1070777.jpg 
この辺りはキバナシャクナゲのお花畑が果てしなく広がっていた






P1070778.jpg 
石室が遠くなっていく






P1070785.jpg 

黒岳付近で。

左側の男性は昨年秋、友人が一人で縦走した際に途中からご一緒して下さった方で

石室で偶然の再会!! 

この先の下山までご一緒してくださいました。


この後厚い雲に覆われ黒岳からの視界はゼロ

ここまでお天気が安定してたのでヨシとしよう(笑)

7合目からはリフトとロープウェイで、層雲峡温泉に着いたのは夕方5:30でした。

コンビニで下着を購入しホテルへ



今日の宿は初めて泊まる層雲閣グランドホテル

フロントでスマホの充電器を借りることができ安心


翌日は5時起きです  銀泉台まで車を取りに行きます

6:00の銀泉台行のバスに乗り1時間、同じく戻りに1時間
 
やっとホテルに戻り、朝食



IMG_20160723_080716.jpg 

ちょっと食べ過ぎです。

その後温泉にザブンと浸かり

慌ただしくも何とかなるものです。



予定は未定の山行でしたが、もう~大満足!!!最高!!!




プロフィール

DSC02411 - コピー

ピータンまま

Author:ピータンまま
ピータン・ピータンままのプロフィール

名前; ピータン
2004.2.25生まれ♂
アメリカンショートヘア・シルバータビー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

月別アーカイブ

※ 2008.5.11~2008.8.31までの旧ブログは、↓↓↓こちらです。http://blog.goo.ne.jp/pitanblog/ ・・⇑・・クリック

ねこちか2

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

FC2

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天市場

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック