ネコのピータン
背中にハート柄を持ち、いつも抱っこ要求の甘えん坊ネコ
09

大雪山、銀泉台~赤岳~白雲岳
 今年初の大雪山!!

我が家から往復500キロ、今回初めて私の運転で行ってまいりました 


暗闇と80キロ以上のスピードで運転できない私、

大雪山方面の運転はいつも友人にお願いしています



 
空が明るくなる早朝3:45の出発です

割引のある4時までに高速に入ればOKだし

早朝なので車も少なくゆっくり走行しても意地悪されない
 

ノンストップで銀泉台に7:20到着!
 
7:45赤岳登山口からスタートです!!

 
P1080376.jpg 
【2017.7.24撮影】


猛暑続きだったのにまだこんなに雪があるのね

吹雪いてるように見えますが

気温が高く雪渓から湯気が出てるような感じでした

 
登りは問題なく進めるのですが下りは怖かった


P1080391.jpg 

そして、中心に見えるあの大雪渓で帰りに

ちょっとしたアクシデントがあったのです
 
 
青空ではないけれどほとんど風も無く安定したお天気でした
 

P1080378.jpg 
大好きなキバナシャクナゲ 

昨年とほぼ同時期に訪れているのですが

咲いてるお花の種類や数が大きく違うところがまた楽しい!!


チシマツガザクラ 
チシマツガザクラ。

写真にして見ると大きく見えるけど

実際は苔のように小さく肉眼で見えずらい

かなり広い範囲でたくさん咲いていました



 
ミヤマリンドウ 
ミヤマリンドウ。

 





ワタスゲ 
ワタスゲ。

 




 

エゾクザクラ 
エゾコザクラ。

可愛いわね~

 




P1080422.jpg  
チングルマ。

 




P1080462.jpg 
コマクサ。





 

P1080450.jpg 
赤岳に到着! 






 
P1080444.jpg 
赤岳から見る景色、大好きです
 
お花もたくさん咲いていました





 

P1080453.jpg 
初々しいイワブクロ。

 





チシマキンレイカ 
チシマキンレイカ。








ウスユキトウヒレン 
ユキバトウヒレン。







エゾミヤマツメクサ 
エゾミヤマツメクサ。

 





エゾイワツメクサ 
とっても可愛いエゾイワツメグサもかなりたくさん咲いていまた
  







エゾヒメクワガタ 
エゾヒメクワガタ


赤岳では休憩もそこそこに、ゼブラ模様の雪渓を見るため

初めての白雲岳を目指します!!

 


エゾツツジ 
エゾツツジ綺麗だわ~



 



クモマユキノシタ 
クモマユキノシタ。






P1080505.jpg 
イワギキョウ。

 




ヨツバシオガマ 
ヨツバシオガマと白雲岳。


白雲岳が・・・

何だか怪しい天気になってきた
 



P1080493.jpg 
エゾノツガザクラとチングルマ。


白雲岳って登るときは両手が必要なのね 

山頂に到着!!

 

P1080467.jpg 

何ですか~これは・・・

雪渓はどこにあるんですかぁーーー!!

全く何も見えない

 
見ないと帰れない 

お菓子を食べながら30分待機



1500992360181.jpg 
カメラを構え祈っているところです

 
その時です ほんの数秒だけゼブラ模様が現れてくれたのです!!


 

P1080482.jpg 
ほんと5秒くらい
 

この後また真っ白に雲に覆われもう2度と姿を現さなかった

 
13:00下山開始

そして問題の大雪渓での下山の時です

登りの時には先行者が数名いたのでその後をついて行きました

もちろん下ってくる人、登る人とも雪渓を避けるように

端の雪のないルートを通過していました。

下りの際も私達2名とご夫婦と男性1名、

私たちは雪渓を下る夫婦の後をついて行ったのですが

思ったよりも雪が硬くかかとを固定しようとしても

うまく刺さらずズルズルと滑ってしまう
 
靴のサイドを使って降りようとしてもうまくいかない
 
そうだ!登った時の雪のないルートへ移ろうと考えた時です

雪渓の一番下でおじさんが大声で怒鳴っています。

怒鳴ってる内容は、

正規の登山ルートは雪渓部分なので雪渓を降りなさい!
雪のない部分のルートを歩くな!
雪渓は危険、下調べもせずアイゼンも持たず
この場所に来るなどとんでもない
山に入るなら6本以上の爪のついたアイゼンを
持ってくるべきだ!4本爪のアイゼンはダメ!
10日前ももっと下の部分の雪渓でケガをして
ヘリで運ばれた人がいるんだ!


滑らないように必死で降りてる私達に向かって

怒鳴り続けているのです
 

大人になってあんなにガミガミと大声で

叱られたことありません
 

勝手に危険の伴う山に入ってるのですから

山でのケガは自己責任です

おじさんの言ってることはごもっともです。

 
17:00駐車場に到着。

この日最後の下山者となった訳で。 

おじさんは管理人室のカギを締め

私たちに「また来てね」と言い残し帰って行きました。

 

さ~て、銀泉台から層雲峡温泉まで約45分

本日は初めての宿【ホテル大雪】

温泉に浸かり食事はバイキング




DSC_1402_201707262247125d8.jpg 

2人とも疲れすぎて食欲があまり無かった。



翌日は高速でそのまま帰る予定だったのですが

急遽予定変更
 
折角なので色々寄り道して帰ることに



DSC_1408.jpg 
大雪森のガーデン

ここから見える景色が素晴らしい!!




P1080540.jpg 


大雪山が一望できるのです

中心の一番高く見えるのが愛別岳!!

 


1500992349774.jpg 
友人撮影。 

キレイなお花がたくさん咲いていて高山植物もあるのですが

山で小さな小さなお花ばかりを見ていると下界のお花が

あまりにも巨大で驚いてしまいます(笑)



DSC_1421.jpg  
東神楽ではソフトクリームとプラムのジェラート
 





DSC_1422.jpg 

富良野カンパーナ六花亭でいつもの

焼き立て豆あんこ餅~ 大好きです!!

お餅は友人1個で私は4個。



時間はかかっても高速道路より一般道の方が

運転しやすいのです

特に法定速度で走るトラックなどが前に

ついてくれると安心して運転できます




今回も楽しい登山旅行となりました





トラックバック
トラックバック URL
http://pitann.blog32.fc2.com/tb.php/923-03349222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

DSC02411 - コピー

ピータンまま

Author:ピータンまま
ピータン・ピータンままのプロフィール

名前; ピータン
2004.2.25生まれ♂
アメリカンショートヘア・シルバータビー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

月別アーカイブ

※ 2008.5.11~2008.8.31までの旧ブログは、↓↓↓こちらです。http://blog.goo.ne.jp/pitanblog/ ・・⇑・・クリック

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天市場

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック